コンテンツへスキップ

引越し予約の外せない条件

昨年より、トラック業界のドライバーの安全確保と労働条件の改善のため、トラックの確保が困難となっていること、そして、各種配送業者においても、長時間労働や未払い賃金の問題が取り上げられ、同様に労働条件の改善を図るため、人材の確保が困難になっていることなどから、今年は引越し予約をすることがとても困難になることが見込まれています。
一部企業においては、人事異動の時期を、この春ではなく、6月末にするとか、ゴールデンウィーク明けにするとかなどの工夫もされてはいますが、入社、入学時期は未だ変わらず、全体的に春に集中しています。
 このような時代背景のなかにあって、この時期、引越し予約をとることは至難のことといえます。中には、引越し予約のための見積りをとること自体断られるという例もあり、新聞報道などがされています。
それでも、引越しはどうしてもしないといけない、という人もいます。そういったとき、自分にとって、引越しをする際、何が外せない条件なのか、ということを考えてみるのも一つの案です。
 たとえば、すでにどこに行かないといけないのかわかっているときには、時期をずらして二月に引越しをして、三月は、長距離通勤をする、居候をする、ホテル住まいをするなどといったことをするのも一案です。
この日がもっとも都合がよいという日は誰だってありますが、その日の幅をかなり広くするということをしてみます。
この日でないとだめ、とすると引越し予約がとれなくても、この日なら、この程度の荷物なら、そちら方面にいくトラックがあるから、積んであげます、と言われることもあります。
場合によっては、引越し先にはまだ前の入居者がいる、という場合にも、荷物が少なければ、有料ではありますけど、保管してもらえる、ということもあります。夜、周りに迷惑がかからないような建物に住んでいるような場合には、時間帯を問わなければ、引越し予約がとれるということもあります。
ですから、まずは、自分で、どこまで何を譲歩できるのか、これだけは外せない、という条件は何なのか、柔軟な発想に切り替え、枠を広げて、引越し予約にチャレンジをしてみてはいかがですか。