コンテンツへスキップ

引越しシーズンで、学生や会社員など引越し準備に追われる方も多いでしょう。しかし、最近では引越し業者の人手不足や車両の不足により、見積もりさえも断られ、引越しのできない人が増えることが懸念されています。
引越すということが決まれば、引越し業者をいち早く決めて引越し予約をする必要があります。

学生の進学、社会人になり就職や転勤などが重なる3月下旬から4月上旬は、引越し業者も引越し予約でいっぱいになることが予想されます。予約がいっぱいであると、見積もりさえも断られ、希望通りに引越しをすることができなくなってしまう恐れがあります。
希望通りに引越しをするためには、いち早く引越し業者を決め、引越し予約をとることが大切です。
早い人は1月から早めの引越し予約をしている方もいるので、引越しが決まったらすぐに引越し予約の行動を起こすことで、余裕をもってその後の引っ越し準備をすることができるでしょう。
また、引越し業者の評判も気になりますが、引越しシーズンで引越しまで期間がない場合は、大手や中小企業などさまざまな業者を視野にいれて考えてみると良いでしょう。
同じ引越し業者に顧客が集中すると引越し予約は当然取れにくいものです。評判だけにとらわれず分散することで、予約が空いている業者が見つかるかもしれません。
以上のように、引越しシーズンは予約も集中するため、希望通りの引越しをするためには早めの業者決めと引越し予約が必須と言えるでしょう。面倒だからと後回しにしていたら、すぐに引越し業者は予約で埋まってしまい受付ができなくなってしまいます。
土日は集中するので、平日に変更したり、引越し時期をずらさなくてはならないという恐れも出てきます。
余裕をもって希望通りの引越しをするためにも、引越しが決まったら早めに、予約できる業者を探すのが肝要です。
そんな時便利なのが、ネットで自動でかなり精度の高い引越し見積もりができ、その見積もり料金でそのまま予約が取れるのがここです。
軽トラック引越し業者ですが、訪問と変わらない精度て見積もりができると評判で、料金もこんなに安いの?と驚くくらいの最安値の引越し料金の会社なので、
お金のない引越しの時にとても助かるサイトです。
なにより、電話やメールのやり取りなどしなくてもスマホで24時間本格的な見積もりができるので、ここで見積もりしておけば、足元を見てふっかけてくる業者の嘘も見抜けますし、余計に車を追加されたりしないので安心ですよ。積載余地で段ボールあと何個まで積めるかとか教えてくれるのはこの会社だけです。
引越し予約が決まれば、自ずと荷物詰めなど引越し準備も進んでいくのでイチオシですよ。

引っ越し業者の繁忙期は就職や進学や転勤等の環境が変わりやすい3月4月で年間の引っ越し件数の3分の1が集中すると言われています。
特に土曜日や日曜日・祝日等はほとんど引越し予約が出来ずに引っ越し業者に電話しても断られることでしょう。
平日のいつでも大丈夫とゆう風に大分融通を効かして何とか引越し予約が取れるといったレベルだと言われています。
では、何故毎年のことなのに最近になって引越し予約が取れずに引っ越し難民とゆう言葉が生まれたのでしょうか。
まず第一にトラックドライバー不足による単純に人員が減ったからです。
トラックドライバーとゆう職種は労働時間が長く待遇が悪い傾向にあるため若者の離職率が高く現在働いている方も高齢化が進んできているのです。
対策としては業者側よりドライバーの賃金の値上げをしているようだが、そうなると3月4月の引っ越し料金も必然的に値上げになってきているようです。
通常10万円前後の引っ越し料金が繁忙期に限っては40万円前後とも言われております。
そして、引っ越し難民が増える第2の理由としてインターネットショッピングが考えられます。
昔にはなかったインターネットショッピングが現在買い物される方の半数近くまで昇り、今までは近くに買い物してきた日用品等もインターネットで買う人が増えています。
そうなるとドライバーは引っ越しだけではなく普段の配送業も増えてしまい益々引っ越しにかかる人員・車両が足りなくなってるのも理由の一つにあげられます。
現在政府は繁忙期を避けた時期に引っ越しをするよう促していますが就職時期や進学時期をずらす訳にもいかないので現実問題難しい話です。
需要の分散化や賃金問題など根本的なところを直していく取り組みが必要になってきます。

昨年より、トラック業界のドライバーの安全確保と労働条件の改善のため、トラックの確保が困難となっていること、そして、各種配送業者においても、長時間労働や未払い賃金の問題が取り上げられ、同様に労働条件の改善を図るため、人材の確保が困難になっていることなどから、今年は引越し予約をすることがとても困難になることが見込まれています。
一部企業においては、人事異動の時期を、この春ではなく、6月末にするとか、ゴールデンウィーク明けにするとかなどの工夫もされてはいますが、入社、入学時期は未だ変わらず、全体的に春に集中しています。
 このような時代背景のなかにあって、この時期、引越し予約をとることは至難のことといえます。中には、引越し予約のための見積りをとること自体断られるという例もあり、新聞報道などがされています。
それでも、引越しはどうしてもしないといけない、という人もいます。そういったとき、自分にとって、引越しをする際、何が外せない条件なのか、ということを考えてみるのも一つの案です。
 たとえば、すでにどこに行かないといけないのかわかっているときには、時期をずらして二月に引越しをして、三月は、長距離通勤をする、居候をする、ホテル住まいをするなどといったことをするのも一案です。
この日がもっとも都合がよいという日は誰だってありますが、その日の幅をかなり広くするということをしてみます。
この日でないとだめ、とすると引越し予約がとれなくても、この日なら、この程度の荷物なら、そちら方面にいくトラックがあるから、積んであげます、と言われることもあります。
場合によっては、引越し先にはまだ前の入居者がいる、という場合にも、荷物が少なければ、有料ではありますけど、保管してもらえる、ということもあります。夜、周りに迷惑がかからないような建物に住んでいるような場合には、時間帯を問わなければ、引越し予約がとれるということもあります。
ですから、まずは、自分で、どこまで何を譲歩できるのか、これだけは外せない、という条件は何なのか、柔軟な発想に切り替え、枠を広げて、引越し予約にチャレンジをしてみてはいかがですか。

ここ数年は少子高齢化社会の影響で労働人口が減少し、多くの業種で人手不足が深刻な問題になっています。
引越し業も人手不足になっている状態で、特に比較的体力のあるとされる20代から30代の若年層のスタッフが少ない状態になっている業者も多いです。
卒業や入学、あるいは就職や転勤のシーズンを迎える春には引越しをする必要が出てくる人が多くいますが、その時期に引越し予約が取れないといういわゆる引越し難民と言われる人たちが増えています。
引越しする日時が決定次第引越し予約をするのがベストなのですが、大学の合格発表の日時によって、あるいは転勤直前に転勤を命じられる企業もあることから間際になって引越し予約をしなければいけないという場合には希望する日時にはもう予約ができない状態になっていることもあります。
そのため春の引っ越しシーズンに確実に引越し予約を取るためにはできるだけ早く予約する以外にさまざまな工夫をして予約を取らなければいけません。例えば引越しは企業が休みの土日に集中することが多いですが、平日の場合にはまだ予約することが可能なところもあるため、引越しを平日に行うという選択肢も考えるべきです。
引越しについては現在業者に依頼すれば荷物の搬出入作業はもちろん荷造りや荷解きもしてくれるところが多く、家族のうちの誰か1人でもいれば問題なく行えることが多く、家族総出で引越し作業を行う必要はないのです。また引越し先がそれほど遠方でない場合には、段ボール箱に入るような荷物に関しては自分たちの車やトラックを借りたりして移動させ、たんすや冷蔵庫など大きな荷物のみを引越し業者に依頼するという方法もあります。
引越し業者ではさまざまなタイプのトラックを用意しているものですが、引越し予約ができない理由としてトラックが確保できないということもあります。
しかし一部の大きな荷物のみの搬出入のみを依頼するならば小さめの引越しが安い業者でも問題ないことから、直前でも予約可能であることがあります。このように引越しの方法をいろいろ工夫することで、引越し難民になることは避けられるのです。

春は旅立ちの季節で、多くの人が新生活を始めます。
進学や転勤などで、現在住んでいる場所から離れる人も多くいます。
新しい住居も決まり、さあ引越しだと思っていると落とし穴が。
引越し予約が遅かったために、業者が見つからないというケースが増えています。
様々な業界で人手不足と言われていますが、引越し業界もそのようです。
特に繁忙期は、どこも問い合わせが多くあるでしょうからね。
そのため、かなり前に引越し予約をしておかないといけないでしょう。
土日に引越し作業をする人が多いです。
平日であれば対応してくれる可能性も高いでしょう。
それでも繁忙期の場合は、早く問い合わせをした方が良いでしょうね。
直前だと、見積もりでさえ断られる場合があるとか。
なぜこのような状況になっているのか。
今はドライバーが全業種で不足しています。
ドライバーの絶対数が少なくなっています。
配送業や建設業もドライバーが必要です。
引越し業界よりも待遇がよければ、そちらに行くでしょう。
通販事業の拡大によって、人と車両も確保が難しくなっていますからね。
引越し業者も働き方改革が必要になってきましたね。
さて、引越し予約ができなかったらどうするか。
自分でトラックをレンタルして行うという手もあります。
家族や友人に手伝ってもらうのです。
業者に頼むより安く済ませることができます。
ただし、大規模な引越しや距離が離れていると難しいでしょう。
単身の引越しか、同じ県内までが限界かなと思います。
他には、引越し業者ではなく配送業者に頼むという方法です。
引越しは荷物を目的地に届けることができれば良いのです。
それであったら、配送業者に頼めばやってくれます。
チャーター便を頼むことになるので、料金は割高になりますけどね。
引越し業者以外の方法だと、不便になることが多いです。
そのため、早めに引越し予約をすることをおすすめします。
引越しが分かったら、すぐに業者と連絡を取りましょう。
計画的に行動しなくてはいけません。

引越しが決まったら引越し業者を探さなければなりません。
ですが今は人手不足がどの業界でも話題になっていて、引越し業界も同じです。引越しの予約が取れない引越し難民が出ていることは、少し前に宅配便業者の人手不足問題から十分予測できた問題でもあったでしょう。
今やトラックの運転手だけでなく、引越しの荷物を運ぶ人の手も足りなくなっています。
特に引越しともなれば大きな荷物がたくさんあり、なおかつ荷物を丁寧に扱える人物が必要ですから、引越しの移動が多くなる春の時期ともなれば、予約どころか見積もりすら引き受けてもらえないという問題が深刻です。
多くの人は入社日や新学期の入学式にあわせて引越しを済ませたいものですが、引越しの日時が決まるまでは長距離通勤や長距離通学を考えなければいけない人も出てきているものです。
こうならないようにするためには引越し先が決まったら早くに引越し業者を見つけて、ゆっくり比較するよりも早くに引越し予約をしておくことが必要ですが、部屋を決めるのにも時間がかかりますから、早くに決めたくても引越し予約はぎりぎりまでできないということもあります。
できるだけ日時を減らしたり、短距離であれば自分で荷物を運ぶようにしても良いです。また、短距離で少しの荷物であれば引越し業者に引越し予約をするよりも、赤帽などに依頼するというのも手です。
赤帽であれば費用も安く済みますし、大人数の確保も必要ないので、予約ができることもあります。どうしても引越しの日時をずらすことができないような人は、自分でできることは自分でして、後は業者の都合に合わせてみるということが必要です。人材不足はすぐには解消できないものです。

引っ越しシーズンの3月、引越し業者も書き入れ時だと言えます。
そんな忙しい時期に合わせて引越し予約を入れなくてはなりません。
では、何日前から予約をすればベストなのでしょうか?
確実に引越し予約が取れる時期は何日前からなのか調べてみました。

引越し業者によっても違いはありますが、どこの引越し予約も1月~3月は予約が殺到するようです。
予約が殺到することが、定番にもなりつつあり、申し込む人も早めにスケジュールを調整して予約してします。

最大3か月前からの予約ができる引越し業者があります。
逆に早めに予約をするのが当たり前になっている繁忙期に、どこまで直前でも予約ができるのかも知りたいところですね。
もちろん、タイミング的に偶然引越しの予約が重なってしまい申し込みができなくなることもあるでしょう。

ですが、毎日引越しの注文があるとは限りません。
引越しは、引越しをする人の都合もありますから、会社の休みや学校の休みなどで調整したり、あえて平日の空いている日を狙って引越しをする人もいます。
タイミング的に引越しの予約がなければ前日でも予約を入れることは可能なのです。

前日でも引越しの注文を受ける引越し業者は、存在します。
ということは、1日前でも引越し予約は受けてもらえて最大3か月前から予約は可能というのが答えになりますね。
いつ頃がベストだと言っても、予約の申し込みをして予約が間に合った日が、その人のベストな予約タイミングになりますからね。

こればかりは、引越しの予約をする際の運もあります。だけど引越し業者は、注文がなくて空いていれば前日でも受けてくれるのです。
前日でも受けてくれるのであれば、日程調整さえすれば予約の入っていない日に合わせて引越し日を決めることも可能になりますね。

春は新しい生活を始める人が多いシーズンですね。新しい生活と言えば引越しを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
今回は親元を離れ一人暮らしを始める大学生の引越しについてまとめてみました。

前もって引越し予約を取る事が難しい方達が存在するのをご存知でしょうか?
それは受験生のみなさんです。
不動産屋は4月に入るギリギリにしか鍵を渡さないことが多く下宿生が多い地域は4月1日に引越しのトラックで大渋滞が起こります。
あまり遅いと入学式や授業開始日に間に合わなくなるため、引越し予約が4月1日に集中してしまうからです。

この日に引越し予約を入れるには早く合格を決める事が重要です。
進学先が決まらないと引越し先も決まらないので引越し予約を入れることができません。

大学受験はまず、推薦組から合格が決まっていきます。
在学中の高校から推薦してもらうわけですが、指定校推薦枠をたくさん持っている高校の生徒は有利です。
この場合、早ければ11月に合格が決まる大学もあり、年内には、ほぼ決まってしまいます。
そのため引越しの準備期間は十分にあります。引越し業者選びから引越し予約も余裕を持ってできますね。
早めに引越し予約を入れられるので日にちも選びやすいです。

推薦ではなく、一般試験で私立大学を受験する場合は試験日が1月末から2月の初めのことが多く、合格発表は2月中になります。
この場合、先に合格を決めている推薦組にかなり遅れを取ります。

国公立の合格発表は更に遅く、二次試験まで頑張る受験生の場合、引越し予約どころか、下宿先を確保するのも大変です。

このように、大学受験は受験スタイルによって合格発表の時期に大きな幅があります。そのため、引越し予約を取りたくても取れない引越し難民になってしまうのです。

もしも引越し予約が取れなかった場合の対処方法としては、電化製品や家具などは思い切って新しいものを買うことです。
そうすればお店から下宿先まで直送してもらえます。
引越しの荷物で大きな物は、ほとんどが電化製品や家具ではないでしょうか。
これらを除くと荷物はずいぶん少なくなり、宅配便で送るか、家族に車で運んでもらうことも可能になります。

また、キャンセル覚悟で前もって引越し予約を入れてしまうのもひとつの作戦です。
ただし、全く違う地域の大学をいくつも受ける場合はキャンセルするのが大変ですね。

そこで心配になるキャンセル料ですが、「標準引越運送約款」によって定められいるので、引越し日の2日以上前であれば、キャンセル料の発生はありません。

気持ちよく新しい生活をスタートするために重要な引越し予約。
引越し難民にならないよう先手を打つことも大切ですが、万が一引越し難民になってしまっても工夫次第で引越しは可能です。

引越し予約をしたくてもできない人が多いというのが問題になっています。
この引越し予約をしたくてもできないという事自体は別に今になって初めて発生した事ではないです。

これ自体は前からある事です。ではどうして最近になって引越し予約ができない人が問題になっているのかというと
それは引越し予約ができない理由が問題というのがあります。

昔は引越し予約をしようと思ってもたまたま業者が他の仕事が入っていてそれで
ちょうど良い日時に予約ができないという程度の問題でした。

ですが最近は引越し業者の人手不足が深刻になっていて引っ越しシーズンになると
多くの人が引越し予約をしようとします。

それでどこの業者も忙しくてお客が希望する時期に引っ越しができないという事があちこちで起きています。
その結果いろんな業者に引っ越しを頼んでもすべて断られてしまうという事が多く発生しています。

中にはいろんな業者に断られてもうだめかと思っていてようやく引越し予約がある取れると思ったら
その業者も自分の所に引っ越しを依頼してくるのは他の業者に断られたというのが分かっていて信じられないくらいの
高い見積もりを出しきて驚くという事も起きています。

その結果本来引っ越しをして新生活をしないといけない時期に引っ越しをしないで
引っ越しシーズンが終わってから引っ越しをして正常な料金で引っ越しをする人もいます。

ですが、これでは新生活を始める人にとって大きな問題になっており
政府もこれを問題と考え引っ越し業者の人で不足問題の解消を目指す動きになっています。

なので現状は引っ越し業者の人手不足は解消されていないですが今後引っ越し業界の
賃金や待遇の改善を促して人手不足の状況も解消されるようになっていくと予想できます。

なので今のような予約が取れない引っ越し難民という問題もいずれは解消されるようになっていきます。