コンテンツへスキップ

ここ数年は少子高齢化社会の影響で労働人口が減少し、多くの業種で人手不足が深刻な問題になっています。
引越し業も人手不足になっている状態で、特に比較的体力のあるとされる20代から30代の若年層のスタッフが少ない状態になっている業者も多いです。
卒業や入学、あるいは就職や転勤のシーズンを迎える春には引越しをする必要が出てくる人が多くいますが、その時期に引越し予約が取れないといういわゆる引越し難民と言われる人たちが増えています。
引越しする日時が決定次第引越し予約をするのがベストなのですが、大学の合格発表の日時によって、あるいは転勤直前に転勤を命じられる企業もあることから間際になって引越し予約をしなければいけないという場合には希望する日時にはもう予約ができない状態になっていることもあります。
そのため春の引っ越しシーズンに確実に引越し予約を取るためにはできるだけ早く予約する以外にさまざまな工夫をして予約を取らなければいけません。例えば引越しは企業が休みの土日に集中することが多いですが、平日の場合にはまだ予約することが可能なところもあるため、引越しを平日に行うという選択肢も考えるべきです。
引越しについては現在業者に依頼すれば荷物の搬出入作業はもちろん荷造りや荷解きもしてくれるところが多く、家族のうちの誰か1人でもいれば問題なく行えることが多く、家族総出で引越し作業を行う必要はないのです。また引越し先がそれほど遠方でない場合には、段ボール箱に入るような荷物に関しては自分たちの車やトラックを借りたりして移動させ、たんすや冷蔵庫など大きな荷物のみを引越し業者に依頼するという方法もあります。
引越し業者ではさまざまなタイプのトラックを用意しているものですが、引越し予約ができない理由としてトラックが確保できないということもあります。
しかし一部の大きな荷物のみの搬出入のみを依頼するならば小さめの引越しが安い業者でも問題ないことから、直前でも予約可能であることがあります。このように引越しの方法をいろいろ工夫することで、引越し難民になることは避けられるのです。