コンテンツへスキップ

引っ越し業者の繁忙期は就職や進学や転勤等の環境が変わりやすい3月4月で年間の引っ越し件数の3分の1が集中すると言われています。
特に土曜日や日曜日・祝日等はほとんど引越し予約が出来ずに引っ越し業者に電話しても断られることでしょう。
平日のいつでも大丈夫とゆう風に大分融通を効かして何とか引越し予約が取れるといったレベルだと言われています。
では、何故毎年のことなのに最近になって引越し予約が取れずに引っ越し難民とゆう言葉が生まれたのでしょうか。
まず第一にトラックドライバー不足による単純に人員が減ったからです。
トラックドライバーとゆう職種は労働時間が長く待遇が悪い傾向にあるため若者の離職率が高く現在働いている方も高齢化が進んできているのです。
対策としては業者側よりドライバーの賃金の値上げをしているようだが、そうなると3月4月の引っ越し料金も必然的に値上げになってきているようです。
通常10万円前後の引っ越し料金が繁忙期に限っては40万円前後とも言われております。
そして、引っ越し難民が増える第2の理由としてインターネットショッピングが考えられます。
昔にはなかったインターネットショッピングが現在買い物される方の半数近くまで昇り、今までは近くに買い物してきた日用品等もインターネットで買う人が増えています。
そうなるとドライバーは引っ越しだけではなく普段の配送業も増えてしまい益々引っ越しにかかる人員・車両が足りなくなってるのも理由の一つにあげられます。
現在政府は繁忙期を避けた時期に引っ越しをするよう促していますが就職時期や進学時期をずらす訳にもいかないので現実問題難しい話です。
需要の分散化や賃金問題など根本的なところを直していく取り組みが必要になってきます。