コンテンツへスキップ

春は旅立ちの季節で、多くの人が新生活を始めます。
進学や転勤などで、現在住んでいる場所から離れる人も多くいます。
新しい住居も決まり、さあ引越しだと思っていると落とし穴が。
引越し予約が遅かったために、業者が見つからないというケースが増えています。
様々な業界で人手不足と言われていますが、引越し業界もそのようです。
特に繁忙期は、どこも問い合わせが多くあるでしょうからね。
そのため、かなり前に引越し予約をしておかないといけないでしょう。
土日に引越し作業をする人が多いです。
平日であれば対応してくれる可能性も高いでしょう。
それでも繁忙期の場合は、早く問い合わせをした方が良いでしょうね。
直前だと、見積もりでさえ断られる場合があるとか。
なぜこのような状況になっているのか。
今はドライバーが全業種で不足しています。
ドライバーの絶対数が少なくなっています。
配送業や建設業もドライバーが必要です。
引越し業界よりも待遇がよければ、そちらに行くでしょう。
通販事業の拡大によって、人と車両も確保が難しくなっていますからね。
引越し業者も働き方改革が必要になってきましたね。
さて、引越し予約ができなかったらどうするか。
自分でトラックをレンタルして行うという手もあります。
家族や友人に手伝ってもらうのです。
業者に頼むより安く済ませることができます。
ただし、大規模な引越しや距離が離れていると難しいでしょう。
単身の引越しか、同じ県内までが限界かなと思います。
他には、引越し業者ではなく配送業者に頼むという方法です。
引越しは荷物を目的地に届けることができれば良いのです。
それであったら、配送業者に頼めばやってくれます。
チャーター便を頼むことになるので、料金は割高になりますけどね。
引越し業者以外の方法だと、不便になることが多いです。
そのため、早めに引越し予約をすることをおすすめします。
引越しが分かったら、すぐに業者と連絡を取りましょう。
計画的に行動しなくてはいけません。